banner

代表社員の意味とは

合同会社の代表社員の意味とは


合同会社では代表社員を決めることがあるのですが、これは株式会社の代表取締役に相当し、代表権を持つ社員を意味します。社員とは、合同会社の出資者であり、実際の業務を行う人を指します。この点については、株式会社と比較していくと分かりやすいですから、まず株式会社について見ていくことにしましょう。

株式会社では、出資する人と実際の業務を行う人が異なるケースがあります。法律上は区別されていて、出資をした人は株主となり、そして実際に業務を行う人は取締役となります。小規模な会社であれば、株主が取締役になることもありますが、基本的には異なっていて、規模が大きくなれば不特定多数の株主がいるというケースもあります。出資する人と業務を行う人は、基本的には分けられているのです。最高意思決定機関は株主総会ですから、経営者は株主から選任されることになります。

合同会社では、原則として出資した人が業務を行います。自分で出資して自分で経営を行いますから、株式会社の株主と取締役が一致します。これを社員と呼ぶのです。ですから、社員になるためには出資する必要がありますし、社員となれば原則として経営に関わり、業務を行ったり意思決定を行ったりします。

代表権とは、会社を代表する人を指します。具体的には契約を結ぶ手続きを会社として行うときに、その会社を代表して行うことが挙げられます。合同会社が何らかの契約を行うときには誰かが契約を結ぶ手続きを行わなければなりませんが、誰が手続きを行ったとしても、その人個人が契約をするのではなくて合同会社として行います。しかしながら、署名をして、そして印鑑を押すという手続きを行わなければなりません。これができる人を代表者と呼ぶのです。

代表社員とは、代表権を持つ社員で、株式会社で言えば株主であり代表取締役である人を指します。出資をして業務を行うのですが、その業務の中で外部の会社と契約を結ぶなどの取引を行うことができます。合同会社では、特に定めがなければそれぞれの社員が代表権を持ちます。ですから、社員であれば誰でも合同会社を代表して契約を結ぶことができるのですが、これでは経営が混乱する可能性もあります。そのために、代表社員を決めて、代表権を持つ人を特定することができます。社員が一人しかいない合同会社を設立すればその社員が代表権を持ちますから、その時点では代表取締役を定める必要はありません。

Copyright(c) 2014 合同会社設立に必要なものと良い面、悪い面を学び設立を後押しするサイトAll Rights Reserved.