banner

資本金の目安と増やし方

合同会社の資本金の目安と増やし方


資本金は会社の社会的信用を表す数値だと言われることもあります。会社がスタートするときに集める事のできた金額でしかないのですが、それが社会的には大きな意味を持ちます。例えば、許認可を得るときの要件となる事もありますし、取り引きをするべきかどうかの判断の基準となる事もあります。

会社法が施行されたことによって資本金の最低金額は撤廃されましたから、資金があまりなくても合同会社を設立することはできるようになりました。極端に言えば、1円でも10円でも良いのです。ただ、先にも書いたように、資本が1円しかなければ取引してくれないことも多いでしょう。金融機関と取引ができなければ、当然のことですが決済に問題が生じます。

このような不具合があるのですから、資本金は大きければ大きいほど良く、現実的に言えば100万から300万円くらいは準備しておきたいところです。しかしながら、資金が不足していて、現金では準備できないこともあり得るでしょう。このようなときには現物出資によって金額を上げることはできます。

現物出資とは、金銭ではなくて何らかの資産で出資する方法を指し、合同会社を設立するときにはよく用いられます。個人事業を経営していた人が合同会社を設立した場合には、業務に必要な機器や資産はすでに保有しているわけですから、これを現物出資をしたほうが自然です。このようにすれば、出資した機器や資産の評価額を資本金に加えることができますから、一気に増やすことができます。

具体的にはどのようなものが良いのかというと、例えば不動産屋自動車があります。合同会社を設立した後に改めて購入するよりも、個人事業で使用していたものを出資した方がコスト面では優れているでしょう。そのために、不動産屋自動車で出資する人も多くいます。

個人事業の場合には個人で所有しているのですが、それを出資すれば合同会社の所有物となります。所有権が移転しますから、ここでいろいろなコストがかかります。例えば、不動産を出資した場合には、出資した人は譲渡することになりますから、この時に譲渡益がでれば課税されます。合同会社側としては新たに不動産を取得する事になりますから、不動産取得税が課税されます。

他にも契約を更新しなければならないなどの色々な手続きもありますから、金銭で出資するより面倒な点はいくつかありますし、コストや時間がかかります。それでも資本金を大きくするメリットは大きいと考えられます。

Copyright(c) 2014 合同会社設立に必要なものと良い面、悪い面を学び設立を後押しするサイトAll Rights Reserved.