banner

合同会社と株式会社の違い

合同会社と株式会社の設立時の違い


会社組織は会社の基本的な部分ですから、運営面で非常に大きな違いがあります。株式会社は多くの人がかかわっているという特徴があります。会社と言えば、運営する側とお客さんという構図になるのですが、それだけではなくて株主がかかわってきます。利益から経営者に対しては報酬が支払われ、そして従業員に対しては給与が支払われるのですが、それだけではなくて株主に対して配当金が支払われたり、株主優待が与えられたりします。

ですから、利害関係者が多くいるという特徴があります。特に、上場企業であれば不特定多数の株主が存在することになりますから、利害を調整することが必要となり、会社法によってルールを厳密に決めておくことが必要となります。そのため、定款を作成するときにはただ単に作成すれば良いのではなくて、公証人役場で認証の手続きを経ることが必要となります。

合同会社は制度設計がシンプルで、出資した人が会社を運営するという形をとります。ですから、株主が経営者となると考えれば良いでしょう。社員という言葉が使われるのですが、これは日常的に使われる社員という言葉とは意味が違い、合同会社では出資者であって経営者であることを意味します。株主や取締役という言葉は使われずに、その両方を兼ねたのが社員となるのです。

このような基本的な制度が異なりますから、設立するときの費用が異なります。株式会社の場合には定款の認証の手続きのために5万円の手数料を支払わなければなりませんが、合同会社では不要です。また、登録免許税にも違いがあり、登記申請を行うときには株式会社は最低でも15万円の税額が支払わなければなりませんが、合同会社の場合には最低で6万円支払えば良いです。

また、意思決定機関も異なります。株式会社の場合には、もっとも権力を持っているのは株主ですから、最高意思決定機関は株主総会となります。これに対して合同会社は原則として全社員の一致で意思決定が行われます。どちらも出資した人がもっとも強い権力を持っている事に変わりはないのですが、出資した人が経営陣と異なるかどうかで意思決定も変わるのです。

株式会社は大規模な会社向けだと言われることは多いですが、規模で分けるのは間違っています。利害関係者が少なければ合同会社の方が適していますから、大規模な会社であっても、例えばある会社が100%出資をして完全子会社を作るときに合同会社を設立することもあります。

Copyright(c) 2014 合同会社設立に必要なものと良い面、悪い面を学び設立を後押しするサイトAll Rights Reserved.